アトピスマイルで赤みが抑えられるの!?悪化する可能性は?

アトピスマイルで赤みが抑えられるの!?悪化する可能性は?

 

冬になると肌荒れがひどくってけっこう困っているんだよね…

 

乾燥だけならまだ良いんだけど、ほかにも困ったことばかり起きてさ。

 

で、アトピスマイルって赤みとかかゆみを治せるっぽい?

 

そうだとけっこう助かるんだけど。


 

 

基本的には大きなトラブルが無ければ使えるけど、そういう治療効果は無いから注意して!

 

それと、アトピスマイルの注意書きにも書いてあるけど、赤みみたいに炎症している最中には使わないほうが良いよ。

 

わたしもそうだけど、肌がある程度落ち着いてから使い始めたほうがいいね。

 

それと、これから説明する状態のときにはアトピスマイルを使っても悪化する可能性が高いから注意してね!


 

アトピスマイルを使って悪化しやすいタイミングって?

 

アトピスマイルは、お肌の水分をキープするチカラを改善(水分保持能を改善するライスパワーの効果)があるんですが、医薬品ではないです。

 

なので、以下のトラブル状態に使うのはNG&治療する効果は期待できないので注意してください。

 

■引っかき傷がひどいとき
■炎症(赤みがひどいとき)
■湿疹
■皮膚疾患

 

このタイミングで使うとかえって悪化する可能性がありますし、大事をとって使わないことをおすすめします。

 

多少のかゆみならわたしは使っていますが、本格的にひどいときはアトピスマイルに同封されている注意書きに従って使っていません。

 

 

絶対に悪化するわけではないんですが、念のため使うのは避けたほうが良いかと思います。

 

アトピスマイルは根本的にお肌を見直すための製品

加齢、ホルモンバランスの乱れ、アトピー…

 

『セラミド』っていう角質細胞同士がうまく水分を捕まえておくことができなくなることが原因で、肌はどんどんカサカサになりキメも艶やかさも失っていってしまいます。

 

 

一般的な化粧品はセラミドを補ったり、水分を肌にギューギューって詰め込むものが多いです。

 

 

ただ、アトピスマイルはセラミドが自ら活発に働くようにサポートする役割を持っています。

 

@お肌の水分を維持しやすくなる
Aお肌のバリア機能が高まる
Bあらゆる刺激を受けにくい強いお肌になる
Cアレルゲン物質なども入りにくくなる

 

一般的な化粧品とはまったく異なったアプローチをかけるのが、アトピスマイルの特徴ってことですね。

 

 

乾燥肌(アトピーの方はとくに)ですと、

 

 

・バリア機能が低い
・菌の感染にかかりやすい
・水分の保持ができない

 

 

こういった特徴があるので、温度差や外的な刺激などがあるだけでもすぐにかゆみや炎症が起きやすいです。

 

 

いますぐ対策したい場合はもちろんステロイドなど医薬品がおすすめですが、自身のお肌を長い目でしっかりと見つめ直したいという場合は、アトピスマイルはおすすめできます。

 

>>アトピスマイルのくわしい情報口コミ!